朱雀のブログ

自小説「狂乱輪廻」についてや、気ままに書くブログ。イラストもあるよ

「人」の理由

何で会話の中、神は自分たちの事を一人、二人と言うのかと言うと、自分たちもちゃんとした人だと思っているからです。神々もやはり、自分たちは人でありたいのです。自分の事を神と名乗らないのはそれが理由です。まあ、神々の名前は人間が考えたものなのですがね。人間が神様それぞれに名前を付けるまで、皆名前なんて無かったんですよ。

豆知識になりますが、神々が従者を持つのは一緒に戦う、守ってもらうだけではないのです。神々は認識してもらう、信仰してもらう事で強さを増します。従者は人間ではないけれど人間に近いので、認識&信仰に似たように傍にいてもらう事で、弱い存在にならなくて済むのです。